関東を楽しむ

前々回の関西に対して、今回は関東に用事で出かけます。

季節は夏なので、もちろん「青春18切符」でのお出かけです。

一枚辺り2300円ですが、金券ショップで、少数券を買うと、一枚辺り2570円でした。

今回、目的が二つあり、それをクリアしないと行った意味をなさないと言う事になります。

更に、臨時で用事が発生すれば途中から高速列車で移動して行ける様にパターンを組んでいます。

では、「18切符の旅」しゅっぱーつ!!!

画像


今、「嘘つき!!」との声が聞こえてまいりました。

敢えて言い訳させて頂きます。

JR東海の静岡県区間のことを通称「18キッパー殺し」と、言うのです。

Googleマップ等でわかりますが、異常に東西の移動が長い県なんです。

西部の方に至っては上下の移動もほぼ不可能。

こんな県を鈍行で移動するととんでもない時間がかかる上に、何と横座りの3両編成なんです。

熱海以西はJR東海なんですが、その内、豊橋以西はそのまま「JR東海」と言います。

では、熱海~豊橋を何と呼ぶか。

JR静岡

と、呼ぶのです(非公式です)


さて、18切符は新幹線料金を追加しても乗れません。乗車券も別に必要です。(豆知識)

乗車券+特急券で2300円

速くて快適な新幹線で、浜松から静岡まで移動しました。

静岡到着  新幹線を降ります  降りちゃいます。

なんで?まだ静岡県じゃん!!熱海に行かないの?とお思いの方。

ここでホームライナーに乗り換えると、快適かつスムーズに移動が出来ます(AM7:00静岡駅限定)

しかも、18切符にプラス320円で乗れるのです!!!(豆知識)

沼津までホームライナーは走ります。

由比海岸の絶景

画像


富士山出現(65パーセント)

画像


ホームライナーは沼津に到着しました。

沼津からJR東海の隅っこの熱海の移動が面倒じゃん!!と、お思いのかた!なんと、この列車は、

いわゆる「乗り得普通列車」に化けて熱海まで行ってくれます。

ホームライナー利用者は椅子をゲットしたまま静岡県脱出に向けて移動できます。

さて、乗り得普通の出発・・・気づきませんでした。

前の席の女性とお喋りしていたので・・・

自分がさっきまで狙っていた富士山は・・・

画像


こんな感じだった上に、実は乗り得チェンジを知らなかったので乗換の為にあきらめてカメラを片付けたのでした。

その女性が見せてくれたのは、山頂までくっきりと現れた一瞬を撮れたものでした。


「心の綺麗な方には綺麗な富士山が姿を見せてくれるんですね。」


なんてカッコいい台詞を考えている内に、気が付いたら、熱海です。

楽しい時間は一瞬で過ぎるものですが、残念ながら乗り換えの時間です。

って言っても、大船までは同じ方向に行くのですがね。(横須賀に行くそうです)

彼女は手を振って、グリーン車に乗って行きました。

18切符はグリーン料金払っても乗れません(豆知識)

↑ご指摘いただき、訂正いたします。

(普通列車の自由席グリーン車では、18切符との組み合わせでも利用可能だそうです。

ただし、今回の様な弾丸ツアーの場合、安く乗るには少しテクニックが必要です。

一度検証してから書こうと思います。)

ふつうのでんしゃにのりました。それでも通常のJR静岡の「横座り3両」からしたら、

グリーン車2両付き15両編成は、とっても都会的です。

画像




こいつに乗れば、そのまま東京に行けます。

私は大船で降ります。さっきの子も大船で降りるはずです。

「おい!ストーカーかよ」との声が聞こえますが、それはトレンディドラマの見すぎでしょう。

私はそこでチョット不思議な存在の列車に乗り換えます。

そうです。18切符で今日の目的地に大船から一番早く行ける奴です。


画像


じゃじゃーん!!!!!!


デザイナーには申し訳ないけど・・・

まあ、室内は快適ですよ。チョットボックスシートで、前の席のお姉さんとの膝が近すぎですが・・・

この乗換は品川辺りまでどこでも乗換可能です。

大船で乗り換えるとお姉さんとばったりあって「あら、偶然ですね」なんてアバンチュールがあるかも知れません。(豆知識)

で、こいつに乗って約2時間の走行で目的地到着。

結構ぶっ飛ばす列車ですがその横をなんか中途半端に早い電車がぶち抜いて行きました。

多分160km/hくらいでしょう。

赤切符間違いなし。

さて、最初の目的地、成田空港に到着しました。

発車予定表を見て、目的の飛行機を探しましたが、ありません!!!

一応、受付のお姉様に聞いてみました。

「あちらの第2ターミナルです」

シャトルバスがあるとの事。

シャトルバスに乗り、第2ターミナルに移動。

いたいた!!

画像


この飛行機に乗っている様です。

昔と違って、LINEで、メッセージが送れます。

機内の姪っ子たちの笑顔が見れます。

そもそも・・

こないだ自分が成田から乗った時には携帯電話そのものが無かったからなあ(笑)

自分にとって2回目の成田空港。前回は日航機墜落の翌年だったから昔です。

お、動き出しました。

画像



飛行機は建物の反対側に行きました。

台風の影響か、風がびゅうびゅう吹いています。

どっちへ飛ぶんだろうと、うろうろしていたら、母と女の子でウロウロしている方が・・・

「どこから飛ぶんでしょうねえ」同じ機体の様だ。

旦那さんは単身赴任で行ってしまうそうでした。

まだ飛びません(笑)

いろんな世間話をしていると風が静かになってきました。

すると・・・「ごーーーーー」と音がしてきました。

画像


いってらっしゃーい♪

「無事、飛び立ちましたね」「はい、それでは」と帰ろうとしたら、娘さんが

「お母さん、とっても楽しそう♪」


「・・・・・」

「・・・・・」


国際電話の第一声でその子がその科白を口に出さないことを祈る(笑)

続く→ http://bonneville.at.webry.info/201709/article_2.html



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック